ドケルバン病に対するさまざまな治療法

 
「ドケルバン病の症状で病院に行こうか悩んでいる。」「ドケルバン病の手術を勧められているが、それ以外の方法がないか知りたい。」
当院に来られている方でも手術をしたくない、という方がたくさんいらっしゃいます。
この記事では手術も含めて様々な治療法を紹介していますので、治療法を探している方の参考になればと思います。
 

病院で行われることの多いドケルバン病への処置

物理療法

ドケルバン病の症状のある手首に電気をかけることやマッサージを行う方法です。
急性期など痛みが強く出ている際には刺激を与えると痛みが強くなることもあるので注意が必要です。

テーピングやサポーター

ドケルバン病に対してサポーターをつけて固定したり、テーピングをすることもありますが、あまり効果がないことが多いです。
動きを悪くして回復を遅くする可能性もあるので使用は注意が必要です。
サポーターを使う際には日中ずっと付けるわけではなく、よく使う時などに限定するなどして必要以上に固定しないようにしましょう。

運動療法

症状の出ている手首をはじめ、腕や肩までの柔軟性がなくなっているのでストレッチを指導されることが多いです。
しっかり伸ばした方がいいと頑張りすぎると、硬くなっている筋肉を無理にストレッチしてしまい、悪化する方が多いので気をつけましょう。痛みを感じる場合はすぐにやめてください。

薬物療法

湿布や飲み薬を処方されます。薬物療法は痛みを和らげるものであって治療方法ではありません。とくに湿布はドケルバン病にはあまり効果がないことが多いです。

注射

ドケルバン病の痛みがひどいと注射を打つ場合もあります。
この方法は薬物療法と同じくあくまでも痛み止めなので、一時しのぎ程度しか効果がないです。

手術

ドケルバン病で保存療法やステロイド注射でも手首の痛みがひかない、といった場合は手術による治療を選択せざるを得ない場合もあります。
現在のドケルバン病の手術方式は次の2つです。
・腱鞘切開手術
・内視鏡手術
ドケルバン病の特徴は腱鞘の肥厚、腱の癒着、損傷です。ですから、その治療は腱鞘切開手術による腱鞘の切開及び、じん帯性腱鞘の一部切除を行います。
難しくはない手術だと言われていますが、やはりリスクは0ではありません。
手術による治療は最終手段と考えておくべきでしょう。

整体によるドケルバン病への施術

内臓の調整

もともとドケルバン病の原因は手首の使い過ぎが多いと言われていますが、使い方に問題のある方もたくさんいらっしゃいます。
内臓が疲れて働きが悪くなると、体の疲労が抜けづらくなり体に余計な力がかかり、循環が悪くなることで手首への負担も増えます。
これを調整し取り除くことで、体の回復力は増し、ドケルバン病の痛みも落ち着いてくるのです。

自律神経の調整

ドケルバン病と自律神経、全く関係の無いように思えますが、実は大きく関係しています。
自律神経が乱れると体が緊張状態になる為、手首への血流が悪くなります
またストレスも増え、体本来の自然治癒力が失われ、ドケルバン病の治らない原因になります。
 

まとめ

湿布や注射でドケルバン病が治ったということも耳にするかと思いますが、これらは痛み止めなので治療法ではありません。
どうしてドケルバン病になってしまったのか、という事も考えながら治療法を選択していくと良いでしょう。
どこに行けばよいか分からない、とお困りの方はお気軽に当院までご相談くださいね。