めまいや吐き気を伴う肩こりには自律神経が関係していた!

「肩こりがひどくなるとめまいや吐き気がする・・」
「どうして肩こりでめまいや吐き気を伴うのか知りたい。」
「肩こり・めまい・吐き気の症状の原因は自律神経の乱れ?」
 
肩こりがひどくなるとめまいや吐き気の症状を伴うという方は少なくありません。
脳や耳の病気が原因になっている場合もありますが、原因が分からないということもしばしばです。
この記事では肩こりやめまい・吐き気がある時に体に起こっている事や考えられる原因をご紹介します。
お悩みの方は参考にしてみてください。
 

代表的なものはメニエール病

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メニエール病は耳鳴りが主となる症状ですが、激しいめまいとそれに伴う吐き気嘔吐が特徴的です。
原因ははっきりとは分かっていませんが、平衡感覚を司る三半規管の中のリンパ液の調整がうまくいかないことが原因であると考えられています。
リンパ液の調整に血行不良が関係しているとも考えられており、メニエール病と診断された方は肩こりの症状を持っている方が多いのです。
 

病院では原因不明・・何が問題?

病院で原因が分からなかったという場合には自律神経に問題がある場合があります。
自律神経とは交感神経と副交感神経の2つの総称です。
この2つのバランスが乱れると肩こりやめまい・吐き気を始め、様々な不調が体に現れます。
自律神経が乱れる原因は
精神的ストレス
・不規則な生活
・ホルモンバランスの乱れ
このようなことがあります。
また、姿勢が問題で自律神経のバランスが乱れて肩こりやめまい・吐き気の症状を起こしている場合もあります。
自律神経は首の後ろを通っているので、猫背になり、頭が前に出た状態になると神経が圧迫されて血流が悪くなります。
血流不足の状態が続くことで自律神経のバランスが乱れ、症状が出て来るのです。
 

近年増加中のスマートフォン症候群でも起こる

現代のスマートフォンを持っている人の1日の平均使用時間は約2時間とされています。
これは年々増加傾向にあります。
このスマートフォン症候群は肩こりの他にも肘の痛みやドライアイなど多くの不調を来すものですが、猫背を助長することで自律神経が乱れ、めまいや吐き気を引き起こす大きな要因となっています。
スマートフォンを使用する時間を短くしてみる、使っている際の姿勢に注意するなどの工夫をしてみましょう。
 

自律神経を整える工夫を!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

肩こりやめまい・吐き気には自律神経が関わっているというお話しをしましたが、自律神経を整えるためにはやはり生活習慣の改善が必要です。
自分なりのストレス解消方法を見つける、夜なんとなく起きてしまっていて寝不足・・なんてことがある方はまずはそのようなことから変えてみましょう。
また、原因不明の肩こりやめまい・吐き気でお悩みの方で自律神経失調症を疑い、心療内科を受診される方も多くいらっしゃいます。
自分でも気づかなかったようなストレスの原因などを見つけてもらえることもありますので、行ってみられるのもいいかもしれません。
 

注意が必要なものもある

早めに病院に行った方が良いケースもありますのでご紹介しておきます。
・いつもより激しい肩こりがある
・肩こりの左右差がある
・立っていられないほどのめまいがある
・普段はしない肩こり・めまい・吐き気が急に出てきた場合
これらの症状があれば脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる病気の前兆である場合もあります。
多くはありませんが、軽い前兆でこれらの症状が出るという場合も実際にあります。
いつもと違う・・と感じた際には注意しておきましょう。
 

まとめ

ただの肩こりだとそのまま放っておくと症状が悪化し、そのストレスから自律神経失調症やうつ病などの精神疾患を起こす方も少なくありません。
肩こりやめまい・吐き気があって悩んでいる、病院に行ってもなかなか改善されないという方は薬に頼るだけではなく、まずは生活習慣から変えてみてはいかがでしょうか?