肩こりからくる頭痛の原因~対処法

「肩こりからくる頭痛で毎日苦しんでいる人っている?」「肩こりから頭痛が頻繁に起こる。どのように対処すれば良いのか知りたい。」「長時間のパソコン仕事をすると必ず肩こりと頭痛に悩まされる。」
このように肩こりからの頭痛の症状でお悩みではないでしょうか?この記事では肩こりから起こる頭痛の原因から対処法までをご紹介します。お悩みの方は参考にしてみてください。
 

肩こりから頭痛が起きる仕組み

肩こりになると肩の筋肉が緊張状態となり、脳に血液を送っている首の血管を圧迫します。この状態になると、脳に十分な血液が送られない、もしくは頭にたまった血液が戻らず循環不良を起こします。その結果、脳は酸素不足となり、頭痛を起こしていると考えられています。以下に脳の酸素不足を起こす原因と血流不足を起こす原因をご紹介していきます。
 

脳が酸素不足になる原因は?

肩こり頭痛の原因となる脳の酸素不足の原因は大きく分けて2つあります。
① 頭の位置が悪い
頭の位置が悪いとは具体的にいうと猫背の状態です。猫背の姿勢になると、胸を張る姿勢が取りづらくなり、体に十分に酸素を取り込めなくなります。
(対処法)
日常から顎を引くように意識しておくことが重要です。天井から糸で頭を引っ張られているようなイメージで頭がきちんと骨盤に乗っている感覚を持ちましょう。顎関節症がある場合、歯科医で治療することも1つの方法です。
 
② 栄養不足
いくら姿勢が良く、体の中には酸素があっても酸素を身体中に運んでいく栄養がないと意味がありません。身体中に酸素を運ぶ働きをしているのはヘモグロビンという物質で、鉄分との関連性が深い物質です。
(対処法)
食生活で意識して鉄分を取るようにしましょう。鉄分を含む食べ物にはマグロや牡蠣、野菜であればほうれん草や枝豆に多く含まれています。野菜から取る場合には一緒にビタミンCやクエン酸を摂ると鉄分が体内に吸収されやすくなります。

血流不足を引き起こす4つの原因

① 首に問題がある場合
このタイプの肩こり頭痛は頚椎椎間板ヘルニアやストレートネックなど首の骨に構造的な異常がある場合に出てくるものです。首の骨の変形による血管・神経の圧迫の圧迫が生じ、血流不足となり肩こり頭痛を引き起こします。
(対処法)
この場合、まずは病院で今のご自身の症状の状態をきちんと把握しておくことが重要です。その上で保存療法を行う場合には血流不足を起こしている肩・首周りの血流を良くするために肩を回すなどの軽い体操を行うと良いでしょう。もちろん元となる疾患の治療が必要な場合には並行して行うようにしてください。
 
② 内臓疲労がある場合
内臓に疾患がある場合や、疲労がたまると体の循環機能がうまく働かなくなり、血流不足から肩こり頭痛を起こします。この場合の症状にはじっとしていても全身がだるい、左右差のはっきりとした肩こりが出るというような特徴があります。
(対処法)
内臓疲労の一番の原因は食生活をメインとする生活習慣に問題があることが多いです。暴飲暴食はもちろん、糖分の多い食事や油物の多い食事、寝不足なども影響します。心当たりのある方は気をつけてみてはいかがでしょうか。
 
③ 自律神経の乱れがある場合
自律神経とは興奮状態とリラックス状態に働く2種類の神経のことです。この2つのバランスが乱れることで脳の血管は細くなり、血流不足に陥ります。自律神経の乱れによる肩こり頭痛の場合には他にも眠れない、動悸がする、どうしてもやる気が出ないなどの症状を伴う場合があります。
(対処法)
自律神経の乱れには生活習慣やストレスが影響している場合が多く見られます。この場合でのストレスは発散出来ずに溜め込んでしまっていることが多いので、何でもいいので、ストレスを発散させる方法を探して見ましょう。心療内科などの精神科を受診することも良い方法です。
 
④ 姿勢が悪い場合
肩こりの場合に1番よく言われる原因ですね。ここから頭痛が起こるということももちろんあります。しかし、ご自身で姿勢が悪いのは分かっているけどなかなか治せない・・という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。この姿勢の悪さは細かく言えば上記3つの症状と絡み合って起こっている場合もあります。ご自身で猫背にならないように気をつけるだけでは改善されない場合もあります。その場合の肩こり頭痛の原因は上記3つのような他の原因の可能性もあります。
(対処法)
姿勢不良の場合には気をつけることも重要ですが、そうなってしまわないような環境づくりを行うことも必要です。例えば、パソコンの位置と椅子の高さを調整する、こまめに席を立って体操をする、日頃から軽い運動をするといった工夫をして見ましょう。
 

まとめ

肩こりと頭痛に悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。こんなにたくさん悩んでいる人がいるにも関わらず、特効薬は存在しません。それだけ原因は複雑に絡んでおり、難しい症状なのです。まずはご自身の肩こり頭痛の特性を知り、原因を知ることで生活習慣の見直しを行なってみてくださいね。当院には肩こり頭痛に悩まれている方も多数来院されています。どう対処すれば良いか分からずにお悩みの方はお気軽にご相談くださいね。