• 腰の痛みや、太ももに痛みやハリがある
  • 足のしびれ、ふくらはぎにつるような痛みがある
  • 長く歩くことができないので外出が困難になってきた
  • ストレッチや漢方薬を試してみても効果がみられない
  • 病院で手術しか改善策はないと言われた

当院の整体施術でつらい脊柱管狭窄症から解放されて下さい

なぜ?脊柱管狭窄症が改善しないのか?

整形外科に行くと痛み止めと湿布で安静にして様子をみましょうと言われるだけで改善しません。

早く痛みを取って歩けるようになりたいと相談すると「ブロック注射でダメなら手術ですね。」と言われますよね。

私たちも手術で100%改善するなら、それで良いと思います。しかし、実際に手術を受けても痛みが取れない、シビレが残る方がおられます。

それだけでなく、手術したのち5年ほどで手術した上下の骨が脊柱管狭窄症になってしまう方もおられます。

ブロック注射と手術は、脊柱管狭窄症に対しての対処でしかありません。

手術を急がない方は、脊柱管狭窄症の手術をする前に整体などを選択肢にしてみてはいかがですか?

脊柱管狭窄症は腰痛の最高レベルです。これ以上は骨折しかありません。

整形外科でもブロック注射か手術しか対処ができない状態です。

脊柱管狭窄症の方の腰の筋肉はガチガチに硬くなっていますよね。

その筋肉のコリを取り除けば改善しそうですが、腰痛の最高レベルの脊柱管狭窄症に対してはマッサージや電気では難しいでしょう。

もし、あなたが腰の筋肉を強く揉んでもらっていたら悪化する可能性がありますので気を付けてください。

マッサージはその場では気持ち良く、その場だけ楽になった気がしますよね。

しかし、それは対処でしかなく下手なマッサージを受けてバランスが崩れることも少なくありません。

脊柱管狭窄症は、骨の中心にある脊柱管と呼ばれる神経が通っている場所の問題です。

筋肉は、狭くなっている脊柱管を守るために硬くなっています。

その筋肉を無理やり柔らかくしてしまうと、骨にかかる負担が増えてしまい、余計に脊柱管の狭窄が進んでしまいます。

針はツボや経絡と呼ばれるエネルギーの流れを改善する方法です。

針は最終手段と思われている方もおられますが、脊柱管狭窄症には適していないと考えています。

その理由は、脊柱管内に針ではアプローチできないからです。

針に電気をつけて血の流れを良くしても脊柱管内には効果は期待できません。

マッサージと違い手や足のツボから痛みに対してアプローチしても、最初は良くても根本的には変わらないでしょう。

脊柱管狭窄症と診断された方は、絶対にバキボキする矯正は受けないでください。

バキボキする矯正は、骨が折れる可能性があり危険です。

脊柱管狭窄症は、腰痛の最高レベルです。長期的な施術で体質を変えていかなければなりません。

 では、脊柱管狭窄症が治りにくい原因は何があるのでしょうか。

脊柱管狭窄症3つの原因

脊柱管狭窄症が改善しにくい理由は、整体師の勉強不足です。

一旦、最高レベルの脊柱管狭窄症になってしまうと、1回で良くなる魔法の技や5,6回で改善する技はありません。

インターネットで、「脊柱管狭窄症が5回で治る」「たった1回のソフトな整体で改善した」などと書いてあるホームページもありますが、本当の脊柱管狭窄症でお悩みの方はそんなに簡単には改善しません。

このような整骨院は、脊柱管狭窄症の解剖学や生理学的な状態を理解していません。 

脊柱管狭窄症を改善するためには、脊柱管内の血の流れを良くする必要があります。それには、3ヶ月以上の期間と10回以上の施術が必要だからです。

当院では、延べ10万人以上の施術経験から脊柱管狭窄症が治りにくい原因を3つに分けています。

脊柱管内部の血の流れが悪くなっています。

この部分で流れが悪くなると、神経に対しての酸素と栄養が不足します。その結果、神経痛やシビレ、間欠性跛行などの症状が発生します。

手術をしても5年もしないうちに再発してしまう、ブロック注射でも改善しないのはこのためです。手術やブロック注射では血の流れは変わりません。

この脊柱管内部の血の流れの改善方法が最大のポイントになります。

腰の背骨が動かなくなっています。脊柱管狭窄症の方は、背骨が動きません。

腰には5つ骨があります。その下の4番、5番目の骨の動きがなくなっています。

実は、この骨の動きがなくなることで脊柱管狭窄症になってしまいます。

腰の骨は、全て動く範囲や方向が決まっています。

骨が動くことで歩いている時の衝撃を吸収します。また、上半身の重さを受け流す役割をしています。

背骨の動きがなくなると、動いていない骨のところに衝撃が蓄積してしまいます。

その状態が続くと、その骨だけ老化が早くなり血の流れが悪くなってしまいます。これが、脊柱管狭窄症の始まりです。

脊柱管狭窄症は、過去の腰痛歴、腰椎ヘルニアや分離すべり症などの有無で変わってきます。

性別や年齢、捻挫経験の有無なども重要です。それらの情報をもとに、整体方法を決める必要があります。

それらを考慮せず、レントゲンやMRIで部分的な状態を見て注射や手術をしてもダメなんです。

脊柱管狭窄症の症状に対してではなく、あなたに対してでないといけません。

それが、出来ない病院、整体院が多すぎて脊柱管狭窄症が治りにくくなっています。

では、みゅう整骨院ではどのように脊柱管狭窄症を良くしていくのでしょうか?

脊柱管狭窄症に対しての整体

みゅう整骨院の姿勢循環整体の流れ

当院では、頭の位置と全身のバランスを調整する整体です。ただ単に、硬い筋肉を揉んだり、歪んでいる骨を矯正するという簡単な施術ではありません。

筋肉や骨だけでなく、内臓や静脈、リンパ、頭蓋骨、自律神経、経絡などを含めた全身を調整する整体です。この整体理論が高く評価され、同業の院長から推薦の声をいただいています。

目や耳を酷使する現代社会。脳の疲労は計り知れません。

パソコンや携帯電話、読書、運転などで頭は前方に倒れています。その位置を後方に戻すことこそ、人間の身体が健康でいられる秘訣です。

全身の左右差を見ながらバランスを調整していきます。

バキボキしないので赤ちゃんから高齢の方まで年齢問わず心地良く施術を受けられます。
静脈、リンパが流れ身体が温かくなりリラックスする調整です。

内臓の調整と聞くと不思議かもしれませんが、昔からある調整方法の一つです。

内臓と骨、筋肉の関連性を見ながらあなたに合わせて必要な内臓整体を行います。
当院の施術のルーツは、オステオパシーというヨーロッパの施術で、最初は感染症に対しての整体でした。ルーツが感染症なので、様々な病気に対して整体方法が当院にはあります。

背骨は、神経の通り道ですね。これまでの整体の効果を身体になじませるように施術していきます。

背骨が気持ちよく動き出すと、体はスムーズに動くようになります。

このように、全身を調整していきます。

もちろん、あなたの症状、過去歴、年齢、主訴に応じて整体内容を変えて提供させていただきます。

脊柱管狭窄症でお困りのあなたへ

ただ単に腰を揉むのではなく、頭の位置を改善して全体のバランスをとり腰にかかっている負担を取り除くことが大切です。

それと合わせて、あなたの「現在の疲労」「姿勢が悪くなっている原因」に対して必要な整体を組み合わせて行います。

当院では、あなたの日々の調子に合わせた整体を担当者が責任を持って施術させていただきます。毎回、先生が変わるということはありませんので安心してください。

そして、脊柱管狭窄症から抜け出すためのストレッチや食事、睡眠方法などの健康法をサポートさせていただきます。

だからこそ、他院の院長先生から推薦をいただくことが出来ているのです。

ホームページを読んでいただきありがとうございます!

1回で治る魔法の整体があったらいいですよね。10年、20年以降も症状が全くなくなる魔法があれば最高です。

私たちは、そのような魔法の整体に近づく努力はしていますが今のところ魔法使いではありません。

私たちは、1%でも改善する可能性があると思い諦めずに施術させていただきます。

その結果、筋トレやダイエットように3ヶ月くらいを過ぎてきたころに体質が変わり始め、ぐっすり眠れてスッキリ起きれて朝から気持ちよく過ごせるようになってきます。

ただ単にその場だけ誤魔化す施術ではなく、本当の意味で長く健康的に過ごしたい肩が通われている整骨院です。

5年、10年後、今のあなたよりエネルギーに満ち溢れた生活を過ごしたい方は、ぜひ当院にご相談くださいね。

他の整骨院と悩まれている方へ

整骨院や整体院ってたくさんあって、どこを選べばいいかわかりませんよね?

大きく分けると5つあります。

1.無資格のマッサージ(慰安目的)
2.無資格の整体院(慰安目的)
3.国家資格の整骨院(保険でやってるところ)
4.国家資格の整骨院(保険なしのところ)
5.国家資格の整骨院(他院を指導している先生がいるところ)

それぞれメリットデメリットはあります。
あなたは、どこの院に体をみてもらいたいですか?

私が家族に勧めるなら、⑤の国家資格を持ち、他院の指導している先生です。

その理由は、

①②の場合は、無資格なので技術や知識の差がありすぎるため選ぶ際にデメリットが高いのが特徴です。マッサージ屋や整体院は、誰でも設立できます。A4の紙に屋号と住所、電話番号を書いて届け出たら完了です。知識や技術がないところに当たると怖いですよね。

③は、テレビなどで取り上げられるように不正請求が多く技術的に低い可能性が高いと言えます。電気を当てて、マッサージをするだけでは体は良くなりません。

④でも良いところはあると思いますが、⑤の他院を指導している先生がいる院や他院の院長からの推薦がある院には劣るでしょう。

しかし、料金だけ考えると保険の整骨院が1番安くなります。

あなたがもし、

☑︎ 保険が使えて安い方がいい
☑︎ 気持ちよく長く揉んでほしい
☑︎ バキボキする強い矯正がしてほしい

ということでしたら、当院ではない①②③の無資格のマッサージか保険の整骨院を探して下さい。

そうではなく、

☑︎ 今までとは違う根本的に体を改善できるところを探している
☑︎ 保険が使えなくてもいいので体を治してほしい
☑︎ 整体方法はお任せするので、本気で改善したい
☑︎ 生活習慣や食生活の改善策も教えて欲しい
☑︎ 改善するだけでなく定期的にメンテナンスで通えるところを探している

ということでしたら、みゅう整骨院の整体はあなたには合っていると思います。

とはいえ、本当に良くなるか不安ですよね。

いきなり、そんな値段を出すだけの価値があるのか?

そこで、当院ではあなたの負担を減らすために
毎月先着20名の方限定ですが初見料と施術料の割引を行なっています。

さらに、それだけでなく
施術にご満足いただけなかった場合は、全額返金いたします!

これであなたのデメリットは限りなく少なくなりました。

完全予約制にて施術させていただいておりますので、今すぐ電話もしくは、LINEメール、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

何回で良くなりますか?
目安は、回数にして6回、期間では1ヶ月間になります。

みゅう整骨院では、「寝て起きたらスッキリと回復できる」ということが根本的に改善している状態と考えています。あなたのこれまでの疲労や過去の怪我、生活習慣により回数は変わります。
痛みや症状がご自身で寝て治せるという土台を作る目安は、回数にして6回、期間では1ヶ月間になります。
※6回で全てが改善するわけではありません。

腰椎ヘルニア、頚椎ヘルニア、モートン病などの神経痛。ばね指、腱鞘炎、ドケルバン病、足底筋膜炎、外反母趾、内反小趾などの手足の痛み。脊柱管狭窄症や五十肩、四十肩、変形性膝(股)関節症などの骨や靭帯が変性している場合。手術や過去の怪我が原因の場合は、体の組織が新陳代謝して入れ替わりながら改善していくため、長期間の施術による体質改善が必要になります。

その期間は、生活習慣や年齢、過去の体の状態によって変わりますが、最低でも3ヶ月、長ければ1年以上という期間がかかります。
この期間、痛みが取れないということではなく、症状が変わったり過去の痛みを感じたりしながら体が変わっていきます。
痛みや症状は、脳が覚えていますので忘れるためにも上記の症状を改善するためには時間がかかります。
そのような場合は、担当の先生に不安や聞きたいことはいつでも聞いていただいて、通院期間などの希望を相談したうえで施術計画を立てさせていただきます。

どのくらいのペースで通えばいいですか?
最初の6回は1ヶ月で通えるペースをオススメしています。

症状が軽度の場合

その段階で、症状が消失した場合は期間を2週間に1度にしていきます。そして、それでも症状が出ない場 合は、卒業もしくは、良い状態をキープして気持ち良く過ごせるようにメンテナンスをあなたの体の状態に 合わせて3週間に1度、1ヶ月に1度といった感じでご提案させていただきます。

脊柱管狭窄症が改善されたお客さんの喜びの声

10年前に脊柱管狭窄症と診断。あれもこれも試したがダメでした。手術も考えましたが…

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

お客様の写真

10年前の50歳を目前にした頃から、腰に痛みを感じ違和感を持って日々生活を送っていました。そしてある朝の事、突然腰が痛くて起き上がることが出来ませんでした。

その日は近くの整骨院に連れて行ってもらってやっと歩けたのですが、その後腰と足(特に右側)が痛くて、整形外科でのレントゲンの結果脊柱管狭窄症と診断を受け、それから2カ所の整形外科、整骨院、カイロプラクティック、狭窄症に関する本、専門施術者によるビデオテープなど参考にいろいろ試してみましたが、常に痛みは取れず薬もだんだん効かなくなっていました。

手術も考えましたが、治る保証がないと言われ諦め日に日に悪化していくのを感じながらこの痛みを背負って一生病院に通い続けるのかと憂うつな気持ちでいました。

そんなある日、職場の人から「みゅう整骨院」の事を聞きました。以前チラシを見て、名前は知っていましたが・・・。その人は頭痛、めまい、呼吸がしんどくなるなどの症状で施術してもらいスッキリしたと言う事でした。

その人が、私の辛い狭窄症の事を先生に話してくれて、先生からそういう患者さんもここに来て改善したという事を聞き「この痛みどうにかなるかもしれない、一度診てもらおうかな」と思ったのがきっかけでお世話になりました。

ここに通い始めて4ヵ月になります。当初先生から「このままだと10年後には歩けなくなる」と言われそれを少なからず感じていた私は、ここが「最後の神頼み」と思って通い始めました。

初日、先生の説明で病気について納得、それから毎回先生が体に触れることで体の状態を把握され、日々魔法にかかったように痛みが改善しています。

長い間痛みに悩まされ色々やってきましたが、先生のおかげでここに来てやっと明るい兆しが見えて来ました。日々良くなっていくことを感じています。

施術の日が楽しみです。来年に誕生する孫の世話も心配なく出来そうです。先生に感謝です。ありがとうございます。

先生!全国大会出場きまったよ

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

お客様の写真

アンケート

長年バレーボールをやっていて、腰が痛くなりチームメイトの紹介で先生の所にくるようになりました。
もう50歳をすぎバレーボールももう辞めようかと気持ちもダウンし、心体共に落ち込んでいましたが、先生のお陰で体調もよくなり、全て開放された気分です。
腰痛から開放され、先生の声掛けでまたもう少しバレーがしたいと言う気持ちが出てきました。
本当に感謝!!感謝です!!ありがとうございます!!
これからももう少しバレーが続けられるようよろしくお願いします。

腰椎ヘルニアから復帰できました

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

お客様の写真

アンケート

椎間板ヘルニアと半年前に整形外科で診断され1か月半の療養で仕事復帰。
しかし、2か月後、再発してしまい、違うー病院を探したところインターネットでみゅう整骨院を知りました。個人的に、大きな病院よりは個人病院規模の先生と患者がしっかり向き合える病院が好みであったのもあり、初回の診察で気に入りました。保険は適用されなかったので安くはないですが、仕事上、健康を求められることもあり、費用以上に得られるものが大きいです。
何より親切で丁寧であることが通院を継続させてくれ、完治へ向かわせてくれていると感じます。O.Kさん27歳男性

6年間苦しんだ腰痛が和らぎました!

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

お客様の写真

アンケート

二人目の産後から腰痛が激痛になりました。他院では気づいてもらえなかった1番、痛い所をわかってもらえました。

 

今から20年ほど前の学生の頃に初めて部活で痛めてしまい、腰痛との付き合いが始まりました。
整形外科、整骨院…いろんなところで検査してもらったりしましたが、ヘルニアでもなく原因不明のまま。試合には痛み止めを打ってもらいながら出場したことも。

そして、6年前の二人目の出産の際に、妊娠中の腰痛もひどく、産後も腰痛は激痛に。
骨盤を締めるためのベルトも楽になるどころか痛みは増すだけで、使えないでいるのに、整骨院ではベルトで締めろと言われ、運動不足で筋肉が弱っているから腰痛になるから腹筋を鍛えろとも言われ、痛みをとりたいから言われたことをしたのに、すると激痛になり激痛でしばらく動けんかったり、自転車に乗ること、台所での立ち仕事、日常のあらゆる動作に支障がでていて、途方に暮れていた時に、みゅう整骨院の広告と出会い、最後の望みをかけてお電話しました。

初回の日。『ほとんどふれないのに』という表現が正しいか分かりませんが、バキバキ痛いこともしないのに

「痛い場所はここですよね?」と腰の奥の今まで誰にも見つけてもらえなかった原因の場所を先生には見事に当ててもらいました。

そして、6年間苦しんだ痛みが和らいだのです。たった1度で。まさに、ゴッドハンド!!だと思いました。

そこから数回お世話になって、徐々に痛みが取れ「何でもできる日常の生活」を再び手に入れることができました。
これほど、嬉しいことはありません。これからも体のメンテナンスに通わせていただきます。

脊柱管狭窄症の関連記事

友だち追加